連携が大切|不動産物件を探す際のポイント|適切なシーズンを見極める

不動産物件を探す際のポイント|適切なシーズンを見極める

連携が大切

模型

マイホームはサラリーマンにとっての夢の一つです。一生に一度の高額な買い物だけに、購入に当たっては様々なポイントを確認する必要がありますが、一戸建てを建設する場合に重要となるのが、施工依頼先をどこにするかと言うことです。 一戸建ての依頼先としては、日本ではハウスメーカーと工務店の二つが存在しますが、それぞれに異なった特徴があるためその点をまず理解しなければなりません。ハウスメーカーは、大手の安心感がありアフターフォローも完璧ですが、建設コストは高めであり予算に制約がある中、理想の一戸建てを実現するには、妥協せざる得ない場合も発生します。 一方で工務店は、ハウスメーカーほどのアフターフォローはありませんが、建設コストは比較的低く低予算で一戸建てを実現することもできるのです。

一戸建て住宅の税金について、様々な税金が課税されることは知っておく必要があります。 特に、消費税以外にも、不動産取得税や毎年課税される固定資産税などはその主なものです。 一戸建てでは、通常下の土地もセットで購入することが多いのですが、固定資産税や不動産取得税は、土地と建物との税金としては別物ですが、減額の制度の適用を受けようと考えると、セットで購入することの方が望ましい場合が多々あります。 一戸建て住宅購入で頭金などを使い果たして、税金にまで手が回らなかったということはあり得る話ですので、一戸建て購入時にはローン返済を考えて頭金にすべてを費やすのではなく、多少なりとも税金対策等も含めて、余裕のある資金計画を立てておくべきでしょう。